X-Culture Phase I & II

Phase I: An interactive live-streaming performance in collaboration with vocalist Tomoe
2005, Tokyo and Seoul
Phase II: A live sound art painting performance-cum-installation with vocalist Tomoe
2005, Super Deluxe, Tokyo

photo of performance

photo of performance


Phase I video recording of live streaming to Seoul


Phase II video recording

[X-Culture] is an exploration of the states of mind of migratory peoples, motivated by varying circumstances to leave their homeland and seek ‘greener pastures’ in foreign lands. The psychological impact of uprooting oneself from a place and resettling somewhere else having to adapt and assimilate old and new cultures; is a recurrent question on identity.

A chance Tokyo city encounter with the Morin Khuur (Mongolian Horsehead Fiddle) a mythical instrument whose melancholic strains are meant to be carried over uninterrupted expanse of grassplains, but is now trapped in the echoing box of an enclosed space, brings to mind the internal struggle of the suppressed ‘Horse’, whose voice is drowned by the din of urban cacophony.

Using the metaphor of the nomadic ‘Horse’ that has crossed over from the Mongolian Steppes to Japan where the Urban Tokyo Playground becomes its new stage, how does one help the poor animal reconciliate with its new environment? Can one tame the free-will spirit of a nomadic ‘Horse’ now trapped in a ‘Box’?

PHASE I
A live sound & dance performance streaming between Tokyo and Seoul. Dancers from Seoul were invited to respond to the sounds and graphic display from Tokyo transmitted via live-streaming. The time-lag between emitter and recipient creates an additional layer thus contradicting “REAL-time” interaction.

PHASE II
A live Sound art painting performance-cum-installation held at Super Deluxe live space, Roppongi. Motion and Sound triggered theatrical lighting by a Morin Khuur player and vocalist unfolds the live creation of an invisible painting that is only fully revealed at the end of the performance as an art installation in blacklight. Leaving behind tangible evidence to a fleeting spectacle of Motion and Sound.

渡日、
遊牧した馬頭琴。
離れない原風景:モンゴルの草原。
「箱」に閉じ込まれた「馬」を飼いならすように...
東京というアーバンな遊び場として 新しい馬頭琴の舞台を生み出す
アーバンな馬頭琴へ

モンゴルの草原__日本の海。青空_地平線_緑の草原。 青空_水平線_青い海。 緑の雑木林_青空。

モンゴルの草原__東京の都市。馬_電車。青空_緑の草原。青空_緑の山手線。デパートの青い_緑に変え_青い万能LED照明。

モンゴルの草原_照明_東京の都市。満天の星空_ネオンサイン。

モンゴルの草原_音響_東京の都市。真っ黒で広大な草原の静けさ_ガンガン響いているパチンコの騒音。

PHASE I
その相反する要素から編集した映像を背景として、ライブ馬頭琴と ボーカル 空間演出表現である。武蔵野美術大学と韓国にある美術大学で共にライブ・ストリーミング中継イベントで行われた一つの項目である。そちらから出した映像とライブ音を あちらの反応として、もらった映像と同じスクリーンに重ねて、タイムずれを含め、多層なレイヤーのビジュアルサウンド・パフォーマンスを作り出した。「領域のない文化」すなわち、メチャメチャ混じり合った/根のなしアート表現の一つの実験である。

「X-CULTURE」フェーズ・ワンは 武蔵野美術大学と韓国にある美術大学で共に ライブ・ストリーミング中継イベントで演じた ライブ・ビジュアルサウンド・パフォーマンスである。

PHASE II

アーバン馬頭琴の舞台はどんな形であろう?この作品は馬頭琴の不“視”議な音響として、東京アーバン・ライトアップ光景を表現する パフォマンス・インスタレーションである。真っ暗な中で、見えない絵が見えてくるように、馬頭琴の業で 即時の“現像”。馬頭琴の共鳴箱から出る音は だいたい弦を押さえる左手の指先の震えと 弓を持つ右手の手首の動きで決まる。その繊細な動作の違いに反応する敏感な空間を果たそうとしたら、刺激的な舞台を生み出すことである。ライブで描かれた絵は二つの方法で実現されたものである。それは馬頭琴の響きを受けて描かれた絵と馬頭琴の弾き方で作り出した絵である。絵は赤光線で見えないものである。一方、紫光線で一瞬見える。赤光線と紫光線の繰り返しは、馬頭琴演奏家の両手の動きに繋いで反応する“脚光”である。演奏が終わったら、絵も出来上がり。作り出した絵は パフォーマンスの後 インスタレーションとして、残された不思議な“形跡”である。それは、サウンドに 連れてこられた ビジュアル空間演出である。

「X-CULTURE」フェーズ・ツーは Super Deluxeというライブ・スペースで 「領域の行き来」というイベントに演じた パフォマンス・インスタレーションである。

Advertisement